おかえしとプレゼント ギフトシード 通話料無料 0120-070-848ご挨拶状無料サービス喪中ハガキ無料サービスお礼状カード無料サービスお礼状ハガキ無料サービス法要のご案内状無料サービス香典帳整理のお手伝いサービス

トップ

寿
 
寿 〜引出物〜


引き出物 〜お祝いの品は本人にたずねるのがいちばん〜


引出物は一家族に一つが原則


会費制パーティーにも記念の品を


結婚祝いは挙式の一週間前までに贈る


お祝いは現金だけではなく、できるだけ品物で


ご注文手順

内祝い


お祝いは、出産の報告を受けてから


お宮参り


初節句 〜子供の健やかな成長を願って〜


両親はちょっと高価なものを


快気祝い その他内祝い


快気祝いは全快のご報告


後に残らない、が基本


新築祝いはダブらないように


長寿の祝いは趣味や嗜好を考えて


受賞・当選祝いのお返しは


ご注文手順

お香典返し


お礼の心をこめたお返しの品を、専用包装紙でお包みします。


挨拶まわりは初七日までに


霊祭(神式)・追悼ミサ(キリスト教式)


三ツ折カードオリジナルの上品で新しい感覚のご挨拶状です。


ご注文手順

通夜と葬儀・告別式の心得

葬儀の後の心くばり


世話役から事務の引継ぎをする


寺院・神社・教会への謝礼は


病院への支払いも早めに


葬儀社への支払いは早めに


挨拶まわりは初七日までに


喪中の心得


仕出し屋への支払いは心づけを添えて

遺品の整理と遺産相続


大切な書類は保管を考えて遺品整理を


形見分けの品は、包装せずに


相続は故人の配偶者が最優先


配偶者が死亡の場合は子どもが均等に相続


故人の財産すべてにかかる相続税


相続税の課税対象額


生命保険や年金の手続きも遅れずに

葬儀の後の諸手続き


亡くなられた方が厚生年金加入者の場合


国民年金加入者の場合

年金と保険


年金と保険金の受け取り方


年金と支給と金額

香典返しの心得


香典返しは忌明けを目安に


香典帳の整理を


香典返しは実用的な品を


ご挨拶状を無料サービスいたします


水引の色はかならずしも黒白とはかぎらない


上書き「粗品」「粗供養」の本来の意味は?


表書きのしきたり


カタログ請求



 お香典返し



 どのようなお返しの仕方がよいのか、どれくらいの金額が適切なのか、どのようなお品がよいのか進物のプロが明確にお答えいたします。

地方の伝統、慣習や、宗派によるご挨拶の違いに精通したスタッフがチームを組んでお客様のお立場で考え、お手伝いさせて頂きます。




 お礼の心をこめたお返しの品を、専用包装紙でお包みします。



 葬儀でお世話になった方、香典をいただいた方、会葬をしてくださった方への香典返しは「忌明け」の法要のときに行うのが一般的です。仏式や神式など各宗派によって異なります。 本来ですと、忌明は七七日忌(四十九日目)とされていますが近頃では五七日忌(三十五日目)をもって忌明けとすることも多くなっています。




 挨拶まわりは初七日までに



 一般会葬者には、告別式の当日に会葬礼状を手渡します。会葬礼状は本来、葬儀後の一両日中に届けるか郵送すべきものです。しかし現在では、通夜や告別式のさいに小袋入りの清めの塩や供養の品とともに手渡すのが一般的となっています。しかし、葬儀で特別お世話になった方たちへは、直接挨拶にうかがうのが礼儀です。どんなに遅くなっても初七日までに済ませます。この場合、喪主と遺族代表が二人そろって出向くようにしたいものです。服装は地味な平服が望ましいでしょう。挨拶まわりに手みやげは必要ありませんが、世話役代表の方には「志」をさしあげることが多いようです。また、いろんな意味でお世話になった近所の方には、「御礼」の表書きで風呂敷などの品物を持ってうかがいます。故人や喪主の勤務先にも挨拶に行きます。このときは上役だけでなく、配属部署の全員にもお礼を述べたいものです。




 霊祭(神式)・追悼ミサ(キリスト教式)



 仏式の法要にあたるものが、神式の霊祭です。翌日祭は、現在ではあまり行われておらず、行ったとしても、ごく身内で簡単に営みます。続いて、死亡した日から十日ごとに、十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭は忌明けになりますので、近親者、友人、知人を招いておもてなし、お返しをするのも仏式と同じです。キリスト教式のカトリックでは、死亡した日から三日目(ミサ聖祭)、七日目、一ヶ月目と一年目に、教会で追悼ミサを行います。追悼ミサには、近親者のほか、故人と特に親しかった人を招きます。ミサ終了後は、教会の別室か自宅で茶話会などを催して参加者をもてなし、故人を追悼します。日本式にお香典返しをするなら一ヶ月目の追悼ミサ以降におこなうのが通例です。プロテスタントでは、仏式の法要・神式の霊祭にあたるものを記念式と呼んでいます。プロテスタントの召天記念日は、仏式の命日に当たります。プロテスタントでは、亡くなってから一ヶ月目の召天記念日に、記念式を行います。カトリックと同様、香典返しをするならこの日以降です。その後の記念式は特別な決まりはありませんが、亡くなってから数年間は、一年ごとに記念式を行うか、日本の一般習慣に合わせて、三年目。七年目などに行うこともあります。  




 三ツ折カードオリジナルの上品で新しい感覚のご挨拶状です。



 香典返しは本来、持参するものですが、最近では配送で済ませることが多くなっています。その際には、必ず挨拶状を添えます。挨拶状づくりのお手伝いをいたします。宗派、地域によって異なる文案も用意しています。係までお気軽のご相談下さい。




 ご注文手順



1.「ギフトシード」にお電話ください。


ご葬儀後、担当係員が実物見本を持ってお伺いいたします。

担当係員が直ちにお客様宅へお伺いさせていただき、詳しくご説明いたします。


電話番号:0120-070-848(通話料無料)



2.御香典帳を整理させていただきます。


通夜や告別式のときにいただいた香典の記帳をもとに、香典帳を整理。

「ギフトシード」にご相談いただければ、ご一緒にお手伝いさせていただきます。

金額ランク別にきめこまやかにチェックし、ご整理させていただきます。



3.商品見本をご覧いただけます。


日曜祭日問わず夜間でも係員が実物見本を持ってご訪問させていただきます。



4.ランクに合わせ商品打ち合わせ


ランク別に商品を決めて、予算を出させていただきます。



5.無料サービス


喪中ハガキ、三つ折カード他各種カード無料サービス



6.名簿整理・打ち込み


お届け先等を確認させていただきます。担当係員がお伺いしてコンピュータにて打ち込んだ名簿をお届けさせていただきます。



6.コンピューターによる送り状打ち込み


コンピューターシステムによる送り状打ち込み。

出荷完了票をお返しいたします。

出荷が終わりましたら出荷完了票をまとめてお返しいたします。 「ギフトシード」が最後まで責任を持ってお届けさせていただきます。



7.全国無料配送(北海道・沖縄・離島、一部商品を除く)


日本郵便、ヤマト運輸、西濃運輸、その他で確実にお届けいたします。


直接発送の場合・・・お客様のご指定日に商品を出荷いたします。

お客様が手渡す場合・・・ご予定の2〜3日前に、ご自宅へ納品いたします。