おかえしとプレゼント ギフトシード 通話料無料 0120-070-848ご挨拶状無料サービス喪中ハガキ無料サービスお礼状カード無料サービスお礼状ハガキ無料サービス法要のご案内状無料サービス香典帳整理のお手伝いサービス

トップ

寿
 
寿 〜引出物〜


引き出物 〜お祝いの品は本人にたずねるのがいちばん〜


引出物は一家族に一つが原則


会費制パーティーにも記念の品を


結婚祝いは挙式の一週間前までに贈る


お祝いは現金だけではなく、できるだけ品物で


ご注文手順

内祝い


お祝いは、出産の報告を受けてから


お宮参り


初節句 〜子供の健やかな成長を願って〜


両親はちょっと高価なものを


快気祝い その他内祝い


快気祝いは全快のご報告


後に残らない、が基本


新築祝いはダブらないように


長寿の祝いは趣味や嗜好を考えて


受賞・当選祝いのお返しは


ご注文手順

お香典返し


お礼の心をこめたお返しの品を、専用包装紙でお包みします。


挨拶まわりは初七日までに


霊祭(神式)・追悼ミサ(キリスト教式)


三ツ折カードオリジナルの上品で新しい感覚のご挨拶状です。


ご注文手順

通夜と葬儀・告別式の心得

葬儀の後の心くばり


世話役から事務の引継ぎをする


寺院・神社・教会への謝礼は


病院への支払いも早めに


葬儀社への支払いは早めに


挨拶まわりは初七日までに


喪中の心得


仕出し屋への支払いは心づけを添えて

遺品の整理と遺産相続


大切な書類は保管を考えて遺品整理を


形見分けの品は、包装せずに


相続は故人の配偶者が最優先


配偶者が死亡の場合は子どもが均等に相続


故人の財産すべてにかかる相続税


相続税の課税対象額


生命保険や年金の手続きも遅れずに

葬儀の後の諸手続き


亡くなられた方が厚生年金加入者の場合


国民年金加入者の場合

年金と保険


年金と保険金の受け取り方


年金と支給と金額

香典返しの心得


香典返しは忌明けを目安に


香典帳の整理を


香典返しは実用的な品を


ご挨拶状を無料サービスいたします


水引の色はかならずしも黒白とはかぎらない


上書き「粗品」「粗供養」の本来の意味は?


表書きのしきたり


カタログ請求



 香典返しの心得



 香典は故人の冥福を祈って「香」の代わりに供えるものです。同時に経済的なお手伝いの意味合いもありました。ですから本来、香典返しはご挨拶だけでよかったのですが、現在では喪家の感謝の気持ちとしてお礼の品を届けるのが習慣となっています。




 香典返しは忌明けを目安に



 葬儀でお世話になった方、香典をいただいた方、会葬をしてくださった方への香典返しは、「忌明け」の法要のときに行うのが一般的です。忌明けの時期は、仏式や神式など各宗派によって異なります。


・仏式の場合

 忌明けは五七日(三十五日)または七七日(四十九日)とされています。このときに法要を営み、挨拶状を添えて香典返しの品を贈ります。表書きは「志」や「満中陰志」「茶の子」とします。


・神式の場合

 三十日祭、または五十日祭が忌明けです。このときに挨拶状と香典返しを贈ります。表書きは「志」とします。


・キリスト教の場合

 キリスト教式では忌明けの習慣がありません。また、香典返しという習慣もありません。しかし、最近はお返しをする人が多くなっており、時期は1ヵ月後の召天記念日や追悼ミサの後で贈るケースが多くなっています。表書きは「召天記念」もしくは「志」です。




 香典帳の整理を



 通夜や告別式のときにいただいた香典の記帳をもとに香典帳を整理しましょう。その際に、いただいた金額別に一覧表を作成しておくと、香典返しをするときに大変便利です。といっても、香典帳の整理は煩わしいものです。ご相談いただければ、ご一緒にお手伝いさせていただきます。お気軽にお申しつけください。




 香典返しは実用的な品を



 香典返しは「半返し」と言われるように、いただいた香典の半額が目安です。しかし、個々に選んでいては煩雑になるため、品物を金額で3段階くらいに分けて選び、その中から香典の額に応じたものを贈るという方法が多くなっています。品物で一番多いのが、お茶です。そのほかタオル、綿毛布、肌ふとん、バスマット、などがよく選ばれています。




 ご挨拶状を無料サービスいたします



 香典返しは忌明けの挨拶状を添えて贈ります。仏式、神式、キリスト教式の代表的な文案を用意しています。無料となっておりますので、お気軽にお申し付けください。内容は地域によって異なることがあります。詳しくは係までご相談ください。




 水引の色はかならずしも黒白とはかぎらない



 不祝儀のときの水引というと、なんでも黒白と思いこまれているようですが、これは間違いです。人が亡くなった直後に香の料(代金)として持参し供える香典は、本来は白の水引で結ぶか、元結二本で結んだものだったといわれています。それが光沢のない沈んだ黒と清浄の白を合せて用いるようになり、今日の黒白が不祝儀時の一般的な水引となりました。

 しかし、黄色と白、銀一色、藤色と白などの水引もあり、これらも華美を避けた色として弔事の場合に用いられてきています。今日では、これらの色の水引は法要のときに用いるものと使い分けがされているようですが、法要にかぎらず香典の包みに用いても差支えありません。




 上書き「粗品」「粗供養」の本来の意味は?



 一般的な贈り物やお返しには「粗品」、法要のときの引出物には「粗供養」の上書きがよく用いられますが、どうも意味が誤解されているようです。これは粗末な品、あるいは粗末な供養という単純な言葉ではなく、本来は「あなたにとって粗末な品かと思いますが、自分としては誠意をもって用意したものです」「ささやかな供養でございましたが、こちらとしては心をこめました」の意が含まれる、敬語の謙譲語です。

 こうした上書きが用いられるようになったのは、挨拶の口上を、それも口上の一部の言葉だけを書くようになったためかと思います。ですから、上書きの本来の意味を知り、心をこめて贈りたいものです。




 表書きのしきたり




葬 儀

法 要

僧侶、神官へのお礼

お悔やみ

お返し

供養

お返し

包み紙

白一枚
奉書紙
半紙
白一枚
奉書紙
半紙
白一枚
奉書紙
半紙
白一枚
奉書紙
半紙
白一枚
奉書紙
半紙

水引

黒白
銀白

白一色
結び切り
黒白
銀白

結び切り

白黄
結び切り

白黄
結び切り
黒白
銀白

結び切り

表書き

御霊前(共通)
御香典(仏教)
玉串料(神道)
御花料(キリスト
教)
志(共通)
粗品(共通)
忌明(仏教)
偲草(神式)
御仏前
御供物料
御菓子料
粗供養 御礼
志(共通)
御布施
御経料(僧侶)
神饌(神官)

のし

用いない 用いない 用いない 用いない 用いない